「ピルを貰いに行くのは恥ずかしいな…ビッチって思われそう」
「周りの目が気になって、ピルを貰いに行けないよ…」



ピルを貰うのが恥ずかしいと感じる方は、こんな風に思っているかもしれません。


たしかにピルは「コンドームなしで性行為を行うための薬」のような、避妊薬のイメージが強く、服用するのが恥ずかしいと感じる人も少なくないです。


ですがピルは避妊の効果だけでなく、生理痛を軽減したり肌荒れを改善したり、女性にとって多くのメリットがあります


女性ならではの身体の悩みを解決できることから、ピルの処方は一般的になってきているので、まったく恥ずかしいことではありませんよ


ここでは、ピルが恥ずかしいと思われている理由やメリット、簡単に購入する方法を詳しくご紹介いたします。


「ピルを飲もうか迷うな…」という方は、ぜひ参考にしてくださいね。

日本でのピルの普及率は2.9%!みんなが恥ずかしいと感じる理由は?

疑問に思う女性
避妊法2019のデータによると世界のピル内服状況は、フランスは33.1%、カナダは28.5%、英国は25.6%なのに対し、日本はたったの2.9%


世界の先進国に比べて、圧倒的に普及していないんですよ。


日本でここまで内服率が低いのは、避妊薬としてマイナスなイメージがもたれがちだから。


中には、

  • 性的に活発な人が飲む薬
  • コンドームをしないで性行為を行うための薬
  • 遊んでいる人が飲む薬



など偏った認識をしている方が一定数います…


ですがそれは、ピルを良く知らずに偏見を持つ一部の男性の意見


ピルは避妊以外にも生理周期を整えたり、PMSを緩和したりする働きがあり、生理による女性ならではの悩みを解決してくれるんですよ


それではここから、ピルのメリットをお伝えいたしますね。

ピルはメリットがたくさん!女性の身体の悩みを解決してくれる

  • ほぼ100%避妊が出来る
  • 生理痛の改善
  • PMSを緩和する
  • 生理の時期をずらせる
  • ニキビや肌荒れの改善

こちらが、ピルのメリット
一つひとつ、詳しく解説しますね。

ほぼ100%避妊が出来る

ハートを持つ男女
コンドームの避妊成功率は、約85%と言われています。


彼とのセックス中にコンドームが外れてしまったり、破れてしまったり…年間約15%の人が避妊に失敗しているんです。


「まだ彼と付き合ったばっかりなのにどうしよう…」
「今は金銭的にも精神的にも子供を産む余裕ないよ…」



このように望まない妊娠をしてしまい、悩んでいる女性も少なくありません。


その点ピルでしたら、避妊成功率はほぼ100%


ピルに含まれている「黄体ホルモン」「卵胞ホルモン」という2つのホルモンにより、排卵を抑制するので、ほぼ確実に妊娠を防げます。


もし子供が欲しくなったら、ピルの服用をやめればいいだけ


服用をやめれば排卵が元通りに起こるので、妊娠しやすい状態に戻りますよ。

生理痛の改善

不安
「毎月生理痛がひどい…」
「薬を飲んでも全然よくならないよ…」



こんな風に、生理痛にお悩みの方もピルを服用すれば痛みが軽減されます


ピルは排卵を抑えて、痛みの元になる子宮内膜を厚くさせないようにするので、生理痛を和らげられます。


実際にピルを飲み始めたその月から、「生理痛がなくなった」という女性がかなり多いですよ。

PMSを緩和する

PMSに苦しむ女性
PMSとは、月経前の3~10日間続く精神的あるいは身体的な症状のこと


具体的には、

  • 眠気や食欲、冷えやだるさ
  • イライラや気分の落ち込み、集中力の低下

などの症状が挙げられます。


これは排卵後から生理前にかけて分泌される女性ホルモン(黄体ホルモン)が、妊娠しやすい体を作るため

  • 体温上昇
  • 水分をため込む
  • 腸の動きを抑える

など、体に変化を起こすため、PMSのような症状が出るんです…。


ですがピルは排卵を抑えるので、PMSの原因となる黄体ホルモンの分泌が和らぎ、生理痛が軽減されます。


ピルを服用すれば生理前の体調不良や気分の変化がなくなり、快適な日々が過ごせますよ。

生理の時期をずらせる

カレンダー
ピルは服用する期間を変えることによって、生理の時期を移動することも可能


女性の身体は、「エストロゲン」という女性ホルモンが分泌されることによって排卵が起き、生理が起きます。


ピルには、その「エストロゲン」が含まれているんです。


そのため服用中は体の中で分泌されず、生理が起こりません。


生理を遅らせたい時は次のシートを続けて飲み、早まらせたい時は飲むのをやめることで、予定日を移動できます。

  • 生理予定日と旅行が被ってしまった
  • 来月友達とプールに行く約束をしたけど、生理と被りそう…



こんな時生理が始まって5日目までにピルを服用すれば、生理をずらせ、思う存分予定を楽しめますよ♪

ニキビや肌荒れの改善

肌荒れに悩む女性
ピルはニキビの原因となる男性ホルモンに作用し、肌を改善してくれます。


ニキビは、男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン」皮脂の分泌を過剰にすることで起こるケースがほとんど。


このジヒドロテストステロンの元となる「テストテロン」という男性ホルモンは、卵巣から分泌されますが、ピルを服用することで抑制できるため、ニキビの改善が期待できるんです


「皮膚科に数ヶ月通ったけど、まったく改善しなかった…」


こんな方でも、ピルを服用すればすぐに治るかもしれません。

病院に行くのは恥ずかしい…そんな方はネットで購入!

笑顔の女性
ここまで、ピルが恥ずかしいと思う理由とメリットをお伝えいたしました。


ピルは女性ならではの悩みを解決してくれるお薬なので、服用することに恥ずかしさを感じる必要はありませんよ。


ただ中には、


「産婦人科に行ってピルを貰うのは、周りの患者さんの目が気になっちゃう…」
「受付の人に“ピルの処方”って、大声で言われるのは恥ずかしい…」



こんな風に感じる方もいるかもしれません。


もしも病院に行って薬を貰うのが恥ずかしいと感じるのでしたら、ネット通販がおススメ。


ネット通販なら、自宅にいながら病院と同等の診察・処方が受けられます


また最短翌日に自宅にピルが届くため、周囲の目に触れることはなくこっそり受け取れますよ。


とくにスマルナでしたら、

  • 無地のダンボール・紙袋で梱包
  • 伝票の荷主は医師の個人名
  • 商品名は「雑貨」

このように外装からは中身が分からないようになっているので、家族や彼氏にバレる心配はありませんよ。


スマルナについては、「ピルのオンライン処方・スマルナってどうなの?口コミや料金・使い方も解説 」の記事で詳しく紹介しているので、興味のある方はぜひ参考にしてくださいね。

ピルを飲むのが恥ずかしいと感じる方へ

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。


今回は、ピルが恥ずかしいと思われている理由やメリット、簡単に購入する方法を詳しくお伝えいたしました。


「ピルにメリットがたくさんあるのは分かったけど、副作用は大丈夫なの?」
「なにか副作用があるなら…やめておこうかな」



ここまでお読みになった方は、こんな風に思っているかもしれません。


たしかにピルを飲んで吐き気やむくみ、腹痛などの副作用が起こってしまう方も一定数いらっしゃいます。


ただこれらの症状は、ピルを飲み始めてから2~3か月以内に治まることがほとんど


継続的に副作用が表れるわけではないので、安心してくださいね。


まずは、3か月継続的に服用してみましょう。


それでもピルが体に合わなかったら、お医者さんに相談してピルの種類を変えてみると良いですよ


なかなかお医者さんに相談できない…という方もオンライン処方ならば、LINEのようなチャットで専門家に相談できます


もしこのままピルの服用を躊躇していると、

  • 重い生理痛と一生付き合っていかなければいけない
  • どうしても怒りが収まらず、彼氏に当たってしまった



このように辛い思いをしてしまうかもしれません。


ピルを服用することで、

  • 毎月の重い生理痛から解放された!もっと早く飲んでおけばよかった
  • 気分の波がなくなり、彼氏との喧嘩も減った♡

こんな明るい日々が過ごせますよ。


ぜひピルを服用して、女性ならではの身体の悩みを解決してくださいね。

オンライン診療については↓の記事をご参考ください!